TF GENERATIONS TITANS RETURN ASTROTRAIN レビュー

さぁ、跪け >挨拶

2017020301000.jpg

TF GENERATIONS TITANS RETURN ASTROTRAIN」 レビュー

○ヘッドマスター

2017020301001.jpg

2017020301002.jpg

DARKMOON(ダークムーン)。
名前からして、すでに格好良いですよね(笑)
本体は相変わらずの3センチちょっとの小ささながらも、その造形の細やかさは素晴らしいです。
いや、本当にこの小ささでモールドがしっかりと主張しているのは、本当に凄いですよね^^

2017020301003.jpg

頭部。
センチネルプライムさんのリデコになるわけですが、格好良いですね(≧∀≦)
このマスクの造形が凄く好きなんですよぉ~♪

2017020301004.jpg

頭部は胴体とボールジョイント接続。
ですので、グリグリ動きます。
この頭部が合体時に胴体との接続軸であり、首の可動がそのまま頭部の可動となります。

2017020301005.jpg

腕と胴体の接続はボールジョイント。
気持ち横に開く事と、腕を腕に上げたりなどが出来ます。
ちょっとした表情付けに、凄くいい仕事をするのです(≧∀≦)

2017020301006.jpg

膝は変形の兼ね合いもあって、前後に90度曲がります。
太ももしっかりと上がるので、安定して乗り物に乗せる事ができます。

2017020301007.jpg

足裏に2mmほどの穴が開いています。
このアストロトレインには取り付けピンはありませんが、同シリーズの他のにはあります。
そちらに取り付ける際に、とても活躍してくれますね^^

○ビークルモード

2017020301008.jpg

2017020301009.jpg

ビークルモード 宇宙船モード。
このアストロトレインはトリプルチェンジャーであり、三形態あります。
まずは最初に宇宙船モード。
スペースシャトルを彷彿とさせる雰囲気ですよね^^
ちゃんとランディングギアもあるなど、とても芸が細かいです。
また、ロックがしっかりしているので、この形態をしっかりと維持出来るのも素晴らしいですねぇ~♪

2017020301010.jpg

ヘッドマスターとの大きさはこんな感じ。
やはりヴォイジャークラスだけあって、大きさもあって大迫力です♪

2017020301011t.jpg

裏側。
ロボットモードはこちらが表となることもあって、密度があって見映えがいいですね♪
個人的に空を飛ぶようなビークルモードがあるTFで、こんな風に下側もしっかりしていると、それだけで嬉しくなります。
手で持って、下から眺めたりすると凄く格好良いのですよね♪
もうたまりません(≧∀≦)

2017020301012.jpg

2017020301013.jpg

2017020301014.jpg

ビークルのコックピット部分はキャノピーが開閉します、
また、コックピット部にはヘッドマスターを乗せる事が可能です。
コックピット部のキャノピーがクリアパーツなのが、本当に「わかっているなぁ~」と思っちゃいます。
やはり、中が見える事で、乗っている感が出て楽しくなりますよね♪

トランスフォーム

2017020301015.jpg

2017020301016.jpg

2017020301017.jpg

ギゴガゴゴ

2017020301018.jpg

2017020301019.jpg

ビークルモード 列車モード。
変形はシンプルながらも、雰囲気も長さも変わるのが面白いです。
もちろんこの形態でもしっかりとロックがかかります。
転がし走行が可能です。
武装列車な感じで、とても厳つくて格好良いです♪
そして、本当に長いです(笑)
この状態ですと、私の撮影ブースギリギリだったります^^;

2017020301020.jpg

コックピット部。
宇宙船と共通とはいえ、変形してこの位置に来るのが良いですね。
変形させる流れが、とても好きです(≧∀≦)

トランスフォーム

2017020301021.jpg

2017020301022.jpg

2017020301023.jpg

ギゴガゴゴ

○ロボットモード

2017020301024.jpg

2017020301025.jpg

2017020301026.jpg

アストロトレイン。
ロボットモードになります。
ダークムーンと合体した状態です。
三形態に変形できるとは思えないスタイルのよさですね♪
ヴォイジャークラスだけあって、大きさもあり、立っているだけで存在感があります。
全身に細やかに入った説得力のあるモールドも一役買っていますよね。
というか、本当にこのモールドが素晴らしいです。
このサイズになると、どうしても間延びしたというか、物足りない部分があってもおかしくありません。
ですが、全身に彫られたモールドがそれを感じさせず、三形態の格好良さを増してますよね~♪

2017020301027.jpg

2017020301028.jpg

頭部。
ダークムーンが変形した状態になります。
個人的にこの頭部が凄く面白い、といいますか造形の楽しさがあるように感じました。
正面からみるとおじさんのような雰囲気なのですが、横から見ると若いお兄さんのようにも見えて。
見る角度で年齢が違って見えるようなフェイス部が良いですねぇ~。
たぶん横から見た際に、頬あてのような装甲部で頬が隠れるからそう感じるのかなと。
造形の絶妙さが出す、面白さの様に思えました。
まぁ、個人的な感想と言うか、そう感じたって話です(笑)
それと、造形で好きな部分があと一つありまして。
それは首の部分。
ここの造形があるのが、本当にツボ。
正面から見たと気に首がある様に見えて、格好良さが増しているように思えます♪

2017020301029.jpg

頭部の両サイドのセンサー部は収納する事が可能です。
胸下のスイッチを押す事で、せり出します。
このギミック凄く好き。
玩具的な面白さがつまったギミックだと思うんですよ~。
無駄に収納→展開を繰り返してしまいます♪
それに頭部との隙間がほとんどない精密さもポイントが高いですねぇ~(≧∀≦)
展開&収納がある以上、もっと隙間が空いていてもおかしくないでしょうから。
本当にここは凄いことだと思います。
あとは、選択できるのも面白いのかと。
このセンサー部が飛び出ていると、やはり可動は阻害されます。
ですので、可動重視の人は収納して、見た目重視の人は出して置けば良いという選択も可能です。

2017020301030.jpg

2017020301031.jpg

2017020301032.jpg

さて、頭部の可動なんですが。
まずは首の基部で左右に振る事が出来ます。
これは先ほど説明したセンサー部が飛び出るギミックの兼ね合いですね。
どうしても、ヘッドマスターの可動を妨げますので、基部で左右に動けるようになっています。
写真位まで左右に回転させる事が可能です。
上下の可動は、首の造形部に干渉して、あまり出来ない印象。
個人的に、首の造形の方が嬉しかったので、この選択は正解だと思います。
もちろん少し引き出せば動かすことは可能ですから、上下に関しては個人での扱い方次第って感じもします。

2017020301033.jpg

腕は写真くらいまで上げる事が出来ます。
二の腕にロール軸あり。

2017020301034.jpg

肘は120度ほど曲がります。

2017020301035.jpg

拳は可動はしませんが、変形の恩恵で内側に傾ける事は可能。
ちゃんと手首を引き出した状態でロック出来るような作りになっていたのは驚きました♪

2017020301036.jpg

2017020301037.jpg

胴体。
変形のギミックの為、腰の回転等はなく、可動部はありません。
ただ、胴体の横のシリンダー造形がたまりませんね♪
こういった、変形でも動く部分にシリンダー造形があると、にまにましてしまいます(笑)

2017020301038.jpg

開脚は180度まで開く事が出来ます。
接地性は前後の動きには強いですが、左右への接地は出来ません。

2017020301039t.jpg

膝は90度ほど曲がります。
太ももにロール軸あり。
2017020301040.jpg

腰裏にジョイント穴があります。
ただ、変形の兼ね合いで、真ん中から半分にわかれるので、あまりジョイント穴としては活躍しない感じですね。
むしろ、スタンドを使うとなると、武器用のマウント穴の方が活躍したイメージです。

2017020301041.jpg

2017020301042.jpg


武器その1。
銃型の武器。
中央のくぼんでいる部分にはヘッドマスターを乗せる事が出来ます。

2017020301043.jpg

武器その2。
銃型の武器がもう一つ付属します。

2017020301044.jpg

銃同士を合体させることも出来ます。
もちろん合体させた状態で、ヘッドマスターを乗せる事も可能となっています。
こういった細やかな遊び心があるのが素晴らしいですね♪

2017020301045.jpg

2017020301046.jpg

もちろん、武器はビークルモード時の各部にマウントする事が可能となっています。

それでは適当にあくしょん~♪

2017020301047.jpg

2017020301048t.jpg

2017020301049.jpg

2017020301050t.jpg

2017020301051t.jpg

2017020301052.jpg

2017020301053t.jpg

2017020301054t.jpg

2017020301055t.jpg

2017020301056.jpg

2017020301057t.jpg

2017020301058t.jpg

2017020301059.jpg

2017020301060.jpg

2017020301061t.jpg

2017020301062t.jpg

2017020301000.jpg

以上、「TF GENERATIONS TITANS RETURN ASTROTRAIN」のレビューでした。
実はこのアストロトレインさん、プレゼントしていただいた物になります。
こんな素晴らしいプレゼントをしていただいて、本当に感謝です(≧∀≦)
アストロトレインさん、トリプルチェンジャーと言う事でとても遊び甲斐の仕様になっていました。
まずはこのTITANS RETURNシリーズの売りでもあるヘッドマスターのギミック。
やはり乗せる事が出来たり、合体させたり出来るのは浪漫ですよね♪
もうこれだけで一日中ずっと遊べる位に楽しいです。
全形態、しっかりとしたロック機構があり、各々の形態をしっかりと維持出来ます。
おかげで、列車状態で転がし装甲で遊びがはかどりますね(笑)
また、ヴォイジャークラスだけあって、肉抜き穴のような部分が見当たらないのも素晴らしいです。
おかげで、各形態を色んな角度で見ていて、玩具っぽさがないように感じました。
そして、一番のすごさはその全身に彫られた細やかなモールドでしょう。
このモールドが本当に、アストロトレインさんの完成度を格段に上げています。
変形はシンプルで、広い面のパーツが多いながらも、しっかりと細やかにモールドが掘られています。
そのおかげで、面の部分において間延びすることなく、存在感がしっかりと出ていますよね。
また各形態の説得力を増しているようにも思えました。
特に列車形態が一番その恩恵を受けているのではないでしょうか。
パネルが展開して、その素晴らしいモールドが表れてくる。
思わず見惚れてしまいました。
また、ロボットの変形は動かして遊ぶ分には充分なものでした。
もっと可動部を増やせたのでは、と思う人もいるかもしれません。
ただ、個人的な感想としては、設計した人は、可動は遊ぶのに充分な範囲でとどめて各形態をしっかりと維持出来ることを優先しつつ、残りの遊びの部分で全体の造形にすごく拘ったんではないのかなと思います。
全身に細やかに彫られたモールドや、首元にみられるような造形は拘らないとこんなに格好良くならないと思います。
対象年齢は8歳以上とあります。
その安全対策の条件の兼ね合いの中で、拘り抜いて出来上がったTFなんじゃないのかなと私は感じました。
そう思わせるほどに、全体の造形が美しいし、説得力があるんですよ。
本当に素晴らしいの一言。
もの凄くお勧めです(≧∀≦)
最近だと日本でも発売されたようで。
日本版だとまた塗装の仕様などもかわっているので、是非是非そちらもチェックされてみてはいかがでしょうか。
本当に大満足のTFでした♪

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アストロトレインは雑誌で見てちょっと見てみたかったTFです。
ほぼ予想通りの変形。(トッキュウジャーのクライナーロボッて同じような変形だったかな?)
各形態が格好良く、とても良いと思います。
いろんなディテールが有ってパーツの情報量が多いのが見ていて楽しめるので凝っているなと感じました。
開脚でぐわっと変わるのでシャトル⇔列車⇔ロボとガシャガシャ変形させて遊んでしまいそうですね。

No title

>またぬきさん

予想通りの変形でしたか^^
確かに、言われて見るとクライナーロボも似た様な変形ですよね♪
上半身まで割れるか、胴体手前位まで割れるか、くらいの違いですし。

ディティールは凄いですねぇ~。
こんなにも高密度で、よく一般流通販売ができるものだな、と驚かされました(≧∀≦)

変形はシンプルながらも、見た目が大きく変わるので、仰る通り気がつくと凄く遊んでいます♪
プロフィール

卯月サクラ

Author:卯月サクラ
卯月サクラと申します~
好きなものは玩具!!
玩具で日々を癒されております。
そんな癒しを更新していく予定。
でも予定は未定。
いい言葉です(笑)
玩具メインのつもりですが、ときたまゲーム、ときたま絵になります。
九州のどこからか日々を綴ります。


リンクはフリーです。
相互希望の方は、日記にコメントくださいませ~
それと画像の無断使用はお断りしております~

リンク用のバナーです~
お好きにご利用くださいませ♪

bana-01.jpg

bana-02.jpg

bana-03.jpg

bana-04.jpg

来訪された人たちの歩み
WEB拍手
最近のレビュー
最近レビューした玩具の紹介です♪

new!! メガミデバイス WISM・ソルジャー スナイプ/グラップル  レビュー アクション編
new!! メガミデバイス WISM・ソルジャー スナイプ/グラップル  レビュー 素体・武装編
new!! メガミデバイス WISM・ソルジャー アサルト/スカウト レビュー アクション編
new!! メガミデバイス WISM・ソルジャー アサルト/スカウト レビュー 武装編
new!! メガミデバイス WISM・ソルジャー アサルト/スカウト レビュー 素体編
new!! BJPM Bパックで遊んでみた♪
new!! BJPM Aパックで遊んでみた♪
HG 1/144 MSオプションセット5&鉄華団モビルワーカー レビュー
HG 1/144 ガンダムバルバトスルプス レビュー
フィギュアライズバスト 011  ホシノ・フミナ レビュー
TF GENERATIONS TITANS RETURN ASTROTRAIN レビュー
HG 1/144 百錬 (アミダ機) レビュー
BJPM 特典レシピ 「サルガタナス」 レビュー
BJPM Bパック「B2 ドラケン」 レビュー
BJPM Bパック「B1 フォルファクス」 レビュー
BJPM Aパック「A2 マルコシアス」 レビュー
BJPM Aパック「A1 レラージェ」 レビュー
HG 1/144 ガンダムヴィダール レビュー
デスクトップアーミー 【格闘型】 シルフィー・ストライカー レビュー
トミカ ハイパーシリーズ レスキューヘリコプター レビュー
トミカ ハイパーシリーズ ホワイトホープ レビュー
トランスフォーマー レジェンズシリーズ LG21 ハードヘッド レビュー
カプセル素体 素ボディ(ホワイト・ブラック)&レーシングカート(レッド) レビュー
ミニプラ 動物合体シリーズ01 ジュウオウキング レビュー ジュウオウキング編
ミニプラ 動物合体シリーズ01 ジュウオウキング レビュー アニマル編
ウルトラマンギンガ ウルトラチェンジシリーズ ジャンナイン レビュー
ウルトラマンギンガ ウルトラチェンジシリーズ ジャンボット レビュー
共同企画『鉄血を自由に作ってみた』 1/144 Gグレイズ レビュー
1/12 アサルトリリィシリーズ 016 宮崎火刈 レビュー
HG 1/144 百錬 レビュー
HG 1/144 百里 レビュー
トランスフォーマーアドベンチャー オプティマスプライム CLASH OF THE TRANSFORMERSバージョン レビュー
1/12 アサルトリリィシリーズ 015 勝谷芙蓉 レビュー アクション編
1/12 アサルトリリィシリーズ 015 勝谷芙蓉 レビュー 可動編
HG 1/144 MSオプションセット2&CGSモビルワーカー(宇宙用) レビュー
HG 1/144 グレイズ改 レビュー
HGBF 1/144 すーぱーふみな レビュー
HG 1/144 MSオプションセット1&CGSモビルワーカー レビュー
HG 1/144 シュヴァルベグレイズ (マクギリス機) レビュー
アーマーチェンジ!ウルトラマンX 全3種 レビュー
フレームアームズ・ガール スティレット レビュー アクション編
フレームアームズ・ガール スティレット レビュー 可動編
HG 1/144 グレイズ (一般機/指揮官機) レビュー
HG 1/144 ガンダムバルバトス レビュー
SQ アイドルマスターシンデレラガールズ 神崎蘭子 レビュー
HGUC 1/144 MSM-07S シャア・アズナブル専用 ズゴック レビュー
HGUC 1/144 RGM-79 ジム レビュー
名刀百華 三.同田貫正国 レビュー
フレームアームズ・ガール 轟雷 Monotone Form レビュー
HG 1/144 RTX-65 ガンタンク初期型 レビュー
HG 1/144 MS-06S シャア専用ザクII レビュー
HGBF 1/144 トライバー二ングガンダム レビュー
HGUC 191 1/144 RX-78-2ガンダム レビュー
1/100 セイバーガンダム レビュー
BJPM 九六式機甲歩兵 駆狼(クロウ) レビュー
BJPM ウォークリーチャー ダークブラウンセット レビュー

過去のレビューはこちら
つぶやいったぁ~
つぶやいてます♪
ぶろぐらんきんぐ~

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
購入予定リスト
購入予定のリスト~
○購入希望


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR